Category 健康

グッドエイジング!

これから、どんどん高齢化社会になるという。 間違いないことらしい。 そこで、発生することは、中途半端に身体が悪くなる方が多くなるということ。 つまり、介護が必要な人間が多くなる社会になりそうだということです。 介護の予防のためには、健康でいることと、体力を落とさないようにすることです。 一番、手っ取り早いのが、筋力トレーニングを続けて行うこと。 それと、有酸素運動を行うことです。 つまり、まとまっ

続きを読む

杖と手押し車って、素敵なんですよ!

腰の悪い方、膝の悪い方と関わることが多いのが、整形外科の診療所です。 もちろん治療が必要な方には治療の提案をさせていただきます。 治療が必要なく、経過観察でもよい方も結構いらっしゃいます。 そんな方には、生活指導や運動指導を行わせていただきます。 生活指導の中に、杖をすすめたり、手押し車をすすめることがあります。 膝や腰が悪い方には、杖と手押し車はかなり役立ちます。 痛みも軽減してくれます。 です

続きを読む

産後には?

おはようございます。 今日も有難うございます。 出産は女性ならではの経験です。 整形外科的に産後によくある症状があります。 出産して間もない頃の腰痛。 よくあることですね。 腹筋と仙腸関節が緩んでいることで生じる腰痛ですね。 コルセットを着用すること。 もしくは、腹筋とストレッチを行うことで改善されます。 ただし、腹筋とストレッチは始めて続けなければ、効果が期待できません。 将来の腰痛を予防するた

続きを読む

若い人も…

膝の痛みの代表的なものは、変形性膝関節症という病名のものです。 膝関節の関節面の軟骨が損傷して消耗をしている状態です。 主に高齢者の方が多くなられます。 ただし、高齢者だけではありません。 半月板というところを怪我をされたり、靭帯が怪我で緩くなられている方は、高齢ではなくても、軟骨に負担がかかり、消耗と損傷につながります。 この場を見ている方は、比較的若い方が多いかと思います。 半月板の損傷や靭帯

続きを読む

運動日和です!

おはようございます。 今日も有難うございます。 さあ、運動日和です。 運動をやりましょう! 汗をかく気持ちよさを思い出してみませんか? 日曜日の運動習慣がいいんですね。 どの世代の方も汗をかくことを楽しんで欲しいですね。 実は、一番、運動の効果があるのが、十代ということになっています。 そこから継続して運動をする方が少ないのが日本の現状です。 続けることが大切なんですね。 どの世代からでもいいので

続きを読む

ビタミンが大切です!

あなたの心と身体にはビタミンが足りていますか? 心にも身体にもビタミンは大切なんですね。 特に、ビタミンCが大切です。 また、ビタミンB群も大切です。 ビタミンは、身体に留まっている時間が、一から二時間前後です。 ですから、小分けに摂るのが好ましいんですね。 B群もCも水溶性なので、余分なものは、おしっこで排泄されてしまいます。 ですから、多めに摂っても、さほど心配は要りません。 B群は代謝を上げ

続きを読む

西川さんの「Air」って?

少し前のカンブリア宮殿で西川産業さんが特集をされていました。 以前よりも布団の販売実績が下がっており、その窮地を救ったので、「Air」というマットと紹介していました。 いわゆる、以前の無圧敷布団を進化させたものと思えばいいのが、「Air」ですね。 実は、私も愛用しています。 寝返りが打ちやすく、寝心地がいいんですね。 身体に接触している部分が、なんとなく優しい感じがするんです。 おそらく、一世を風

続きを読む

杖の素晴らしさ!

先日、ちょっとしたハイキングのような、ミニ登山のような感じで、ひと山越える道を歩きました。 普段から、トレーニングは行っていますが、体重が少し重めのために、重力に逆らう運動は、ちょいと苦手の私です。 平地ならば、結構、持久力はあるのですが、坂道、山道は苦手な方です。 そんなときに威力を発揮してくれるのが、杖の存在です。 よく、職業柄、杖をおすすめすることがあるのですが、気持ちよく杖を使うことを受け

続きを読む

筋トレで!

秋になりましたね! さあ、スボーツの秋です!  私の思いは、元気な方が、少しでも増えること。 元気で動ける方が増えることです。 本当に元気な方を横浜であふれさせたい。 それが、私の思いです。 そのために必要なことは・・・ 筋力トレーニングの啓蒙です。 実は、筋力トレーニングの経験は、若いうちにしておくことにこしたことはありません。 年齢を重ねてから始めるよりも、若いうちから筋力トレーニン

続きを読む

秋のスポーツと運動会シーズンですね!

秋のスポーツと運動会シーズンです。 結構、怪我が多くなっています。 スポーツによる怪我は予防することもできますね。 準備、ストレッチ、ウォーミングアップ、栄養補給、休養が大切です。 スポーツは、どうせやるならば、楽しく、元気でやりたいですね。 もし、怪我をしてしまったら、遠慮なく整形外科の先生にご相談ください。 検査や手術までの対応も踏まえて対応ができますね。 きっと最適なアドバイスと対応をしてく

続きを読む