秋分の日ですね?

おはようございます。 今日も有難うございます。 9月23日の秋分の日の木曜日。 秋晴れです。 お休みをいただいています。 春分の日や秋分の日はお彼岸とも言いますね。 宗教的な意味は置いておき… 先人の方には感謝はしたいですね。 過去があり、先人の活躍があるからいまがあるわけです。 秋分の日や春分の日にお世話になった方を思い出し、感謝をすることは、気持ちの安定にもなります。 有難うございますの気持ち

続きを読む

大切なのは?

おはようございます。 今日も有難うございます。 9月22日の水曜日。 今週は変則のお休みです。 明日が、秋分の日です。 昨夜は中秋の名月。 満月でした。 いまに感謝をしてみらいをどうしようか? そんなことを思います。 大切なことは、これからのことです。 そして、いまからのことですね。 ただ生きるのではなく… 人間として、思いを持ちながら、できることや、やれることをすることを大切にしたいですね。 わ

続きを読む

過去の記事

食事が?

おはようございます。 今日も有難うございます。 9月21日の火曜日です。 今週も宜しくお願いします。 秋を感じることが多くなりました。 秋は気持ちがいい。 秋は心地がいい。 外の空気が美味しく感じます。 生きていることが感じられます。 食べることも、有難く、そして美味しく感じられることが多くあります。 現代社会や現代文明で、実は食生活が以前とは変わってきています。 エネルギーということだけを考える

続きを読む

ロコモには?

おはようございます。 今日も有難うございます。 9月20日の月曜日。 敬老の日です。 先輩を敬う日です。 秋分の日は、お世話になったあの人を思い出して感謝をする日。 そんな秋の訪れです。 過ごしやすい気候がうれしいですね。 ふと、朝に思ったことを、徒然と書かせていただいてるこちらのブログです。 今朝は、医療には関係ないこと、普段の診療には関係ないことを、お休みだから書こうかなと思っていましたが…

続きを読む

こどもの?

おはようございます。 今日も有難うございます。 9月19日の日曜日。 雨上がりの日曜日です。 少し明るくなってきた感じもする横浜です。 実は連休なのですが… そして、先輩を敬うお休みであったりとかします。 また、秋の大運動会の時期にもなっていますが… コロナ禍の影響が落ち着いていません。 国はワクチンの接種率が低いと喧伝していますが、メディアは与党の総裁選一色になっています。 ワクチンに関しては、

続きを読む

肩の痛み? 腰の痛み? 膝の痛み?

おはようございます。 今日有難うございます。 9月18日、雨降りの横浜です。 雨が降ると低気圧の影響で、自律神経のバランスが乱れることで、白血球の分画で炎症性の成分が増えることで、痛みを感じやすくなるという研究があります。 低気圧がくると体が変調をきたすのには理由があります。 整形外科に来られる患者様の多くが、肩の痛み、腰の痛み、膝の痛みの方が多くなっています。 当院のホームページでも、痛みのペー

続きを読む

歳は?

おはようございます。 今日も有難うございます。 歳をどう考えるか? あまり深く考えない方がよさそうです。 それよりも、大切なことはいまどうするのか? いま何をしたいのか? いま何をやりたいのか? 何のためにそれをしたいのか? 歳や年齢を気にしてしまうと、やってみたいことができなくなってしまいます。 無理をすると怪我をしたり、疲れてしまったりするので… ほどよく、やってみたいことをやってみること。

続きを読む

みらいには?

おはようございます。 今日も有難うございます。 9月16日の朝。 秋晴れの朝です。 今年のこの時期のお休みは不定期です。 敬老の日はいつであっただろうか? ふと思います。 秋分の日は、確か23日です。 シルバーウィークと呼ばれていたのはいつの時代だろうか? と思うところです。 過去と先人には感謝、みらいには希望、現実は今です。 先輩を敬うのが敬老の日であり、先人を敬うのが秋分の日ですね。 木曜日に

続きを読む

秋には?

おはようございます。 今日も有難うございます。 9月15日の水曜日です。 秋を感じる朝です。 秋は過ごしやすく、楽しめることが多いのが秋。 生きていることを実感できるのが秋。 感謝したくなるのが秋です。 体を動かしたくなるのも秋です。 体を動かして、筋肉をしっかりと伸ばして、しっかりと縮めること。 血液をしっかりと体の中を回すこと。 よく動き、よく眠り、よく食べて、よく思うこと。 生きていることに

続きを読む

肩と肩甲骨を?

おはようございます。 今日も有難うございます。 9月14日の火曜日。 秋が感じられる朝です。 今日も生きています。 この秋、楽しみな秋ですね。 秋を楽しむためには? 背中が動くことが大切です。 背中にある肩甲骨を意識してみませんか? 肩の関節は肩にあるのですが? 実は、腕は背中から動いています。 肩の関節の土台にあるのが肩甲骨です。 肩というと、肩を意識してしまうのですが… 実は、背中の肩甲骨を意

続きを読む