Category 健康

痛みの少ない社会?

おはようございます。 今日も有難うございます。 8月18日の土曜日。 夏休みも後半です。 少し涼しくなってきたことを感じられる朝です。 夏だけれど過ごしやすい。 これがうれしい朝になっています。 今日は痛みに関してのお話を書いておこうかと思いました。 学会や研究会、そして本から得られたものに、知見や経験も加味しての話ですが… 現在の世の中は、情報化社会になっています。 そして、情報が売り買いされて

続きを読む

健康の第一歩?

おはようございます。 今日も有難うございます。 始まっています。 8月16日の木曜日。 夏季休診中です。 診療再開までは、いましばし、お待ちください。 健康の第一歩を考えてみます。 何が大切でしょうか? 自分に対する、そして自分自身の事実をありのまま、そのままに知ることです。 感情に流されることなく、感情にとらわれることなく、感情というフィルターをかけることなく、ありのまま、そのままの自分を知るこ

続きを読む

自然な温熱療法が?

温熱療法をご存知ですか? がんに対する一つの治療法です。 体を暖めることで、免疫力を上げて、がん細胞を叩く治療法。 がんだけではありません。 例えば、体がウイルスや細菌に感染した時も体自体が熱を発生して、細菌やウイルスに対抗します。 暖かくなると免疫力が上がることはもちろんですが、血流も促進されます。 血液の流れが多くなるということは、老廃物の排泄にもつながり、新たな栄養の供給にもつながります。

続きを読む

疲れについて?

疲れるって? あまり、気持ちがよくありません。 ただし、疲れがあるから、元気もあるわけです。 疲れているってどんな感じ? 疲れの正体は? 少し考えてみましょう。 疲れている? 何が? ということになりますが? 肉体が疲れているという状態。 神経が疲れているという状態。 脳が疲れているという状態。 精神が疲れているという状態。 という感じに分類できますね。 そして、疲れているという状態は…? 栄養や

続きを読む

筋肉を強く?

筋肉を強くするには? 筋力を強くするのか? 太くするか… 筋肉を、早く、強く動かすようにすることで可能になる。 方法論は様々なものがあるが、筋肉に対してストレスを与えることで、ストレスに順応反応をするのが筋肉。 ストレスが強ければ、強いほど、反応も大きくなります。 ただし、注意点として、ストレスが強すぎてしまうと、壊れて元に戻らなくなってしまうこともあります。 そして、反応をしやすくするために、栄

続きを読む

腹圧が?

肩こり、腰痛に対しての対策として… 積極的な治療ではなく有効な対策は? 腹圧を高めること。 これが大切です。 よく、腰痛の対策として、腹筋が大切と言われます。 実は、腹筋と言うよりは腹圧を高めることがポイントになります。 よく、腰痛の治療にコルセットが有効と言われていますが… 実はコルセットの役割も支えるのが役割ではなく、腹圧を高めることが役割になっています。 腹筋ではなく、腹圧を高めること。 腰

続きを読む

骨粗鬆症の治療が?

当院もおかげさま開院をして14年が過ぎています。 有難うございます。 診療をしていて思うことがあります。 骨折をされた患者様に接すると、残念な気持ちになるのです。 特に女性の方は残念です。 実は骨粗鬆症は予防が可能ですし、適切な治療法の提案もできるようになっています。 小さい頃や若い世代の時の運動経験が予防につながることは統計データからも解析されています。 また、状態に応じて、内服薬や注射薬の提案

続きを読む

お中元の時期には?

この時期、お中元の時期です。 お届けしていただき有難いですね? さて、このお中元のお届けのお仕事。 肘や腰に、結構な負担がかかっているようです。 荷物の持ち方にポイントがあるようです。 体の近くで持つこと。 お腹に力を入れて入れて、腰を入れて持つこと。 違和感を感じたら無理をしないように休ませることもポイントになります。 筋肉痛や疲労の状態であれば、休ませれば回復しますが… その状態を越えて、壊れ

続きを読む

ネットの口コミや情報は?

最近、インターネットの情報を参考にして来院されたという方が多い。 こうしてブログも書いているし、情報発信もしているから、読まれた方の来院もある。 もちろん、いい話もあれば、よくない話もある。 ネットの情報は一人歩きをするし、根拠は担保されていない。 一方向性ですし、読んだ情報や得た情報が必ずしも誰にも当てはまることではない。 特に病気や病態に関しては人それぞれ。 やはり、ネットの情報は参考程度にさ

続きを読む

怒ってばかりいると?

感情って、厄介なものです。 湧き上がってくるものです。 例えば怒りの感情。 できれば、早く切り換えたいですね? いつまでも、その感情にとどまることなく、切り換えること。 感情は切り換えることができるのが、人間の感情のいいところでもあります。 怒りの感情は、実は体にかなりの負荷がかかります。 自律神経の働きで、筋肉や血管が緊張します。 反射的に過度の緊張の状態に陥り、血管や筋肉が無意識に収縮します。

続きを読む