Category 健康

秋のスポーツと運動会シーズンですね!

秋のスポーツと運動会シーズンです。 結構、怪我が多くなっています。 スポーツによる怪我は予防することもできますね。 準備、ストレッチ、ウォーミングアップ、栄養補給、休養が大切です。 スポーツは、どうせやるならば、楽しく、元気でやりたいですね。 もし、怪我をしてしまったら、遠慮なく整形外科の先生にご相談ください。 検査や手術までの対応も踏まえて対応ができますね。 きっと最適なアドバイスと対応をしてく

続きを読む

下腿の肉離れ

よく運動不足の方が、急に運動をすると、下腿の肉離れを起こすことがあります。 よくあることですね。 正式には、腓腹筋や腓腹筋の筋膜の損傷です。 単に運動不足の場合もありますが、それだけの理由ではない場合もあります。 腰の神経が窮屈になっている方が、運動を行う姿勢で神経を刺激して、筋肉が急に反応をして過収縮を引き起こして肉離れにつながることもあります。 また、寝ている姿勢が、腰の神経に負担をかけて肉離

続きを読む

スポーツの怪我は?

スポーツの秋、楽しんでいますか? 運動習慣がない方の、骨折、捻挫、肉離れ、アキレス腱断裂が多くなっています。 運動の習慣化、ストレッチ、ウォーミングアップで、かなりの確率で予防が可能になっています。 怪我を予防して、うれしく、スポーツを楽しみましょう! もし、怪我をしてしまったら、固定をして、冷やすこと。できれば、なるべく怪我をしたところを心臓よりも高い位置にしておくこと。なるべく腫れないようにし

続きを読む

食事が美味しくなる秘訣?

人生の楽しみに食事の美味しさと楽しさがあります。 食べたいときに食べれるのが美味しいんですね。 身体が欲しているときに食べると、美味いということになります。 運動をすると身体が食事を欲します。 間違いなく食事が美味しくなります。 運動生活してみませんか? 間違いなく食事が美味しくなりますよ。 人生の楽しさが倍増しますよ。 うれしいですね。 はいっ!   

靴と足に関して

整形外科で診療をしていると足についての相談を受けます。 当然、足も整形外科の取り扱う範疇です。 足の症状としては、痛み、変形、痺れ、皮膚の疾患が主なものになるかと思います。 大きく関わりがあるのが、足と靴の関係です。 足と靴が合っていない状況が長く続けば、当然、足には障害を起こしてきます。 靴は、ほとんどが既製品ですから、ぴったりと合うということは少ないかと思います。 では、靴に関しては、大きくゆ

続きを読む

骨粗鬆症は?

骨粗鬆症は、閉経をした女性には関わりがある疾患です。 定義としては、若いころの骨密度の80%から70%以下の状況を骨粗鬆症としています。 70%なのか80%なのかは、状況により条件が変わります。 いずれにせよ、若い頃よりも骨密度が低くなった状態のことを言います。 女性は閉経をすると、ホルモンのバランスが、骨にカルシウムを保持しにくくなります。 結果として閉経後は、徐々に骨が弱くなります。 いくら、

続きを読む

閉経かなと思ったら?

女性の方は閉経かなと思うと気持ちは複雑かと思います。 心中を察します。 さて、実は閉経をすると、実は骨密度の低下が始まります。 閉経をしたかな? と思ったら、骨密度のことは気にされた方が無難です。 約十年ほど前より、骨密度の維持に有効な薬剤が数多く使われることができるようになりました。 薬剤により特性が違っています。 年齢や、その時の骨密度、骨強度に応じて使い分けます。 また、薬剤との相性もありま

続きを読む

腕が伸びる?

肩甲骨が、うまく、使えて、動かせるようになると腕が伸びてしまいます。 そのためには・・・ 肩甲骨が、うまく使える姿勢を保つことです。 ひとことで書くと・・・ 胸を張るということです。 背中を丸くしないということです。 胸を張ると、肩甲骨が自由に動かせます。 背中を丸めると肩甲骨は自由に動かせません。 ということで、肩甲骨が自由に動かせるためには、胸を張って、姿勢をよくすることです。 肩甲骨を効率よ

続きを読む

トレーニングを続けると?

トレーニングを続けると? 実は、いいことがあるんです。 身体が変わります。 心が変わります。 言葉が変わります。 行動が変わります。 だから、トレーニングを始めて、続けてみませんか? トレーニングを続けると、何かが、必ず、変わります。 結果につながるのがトレーニングです。 トレーニングを続けてみましょうね! はいっ!

運動で大切にしたいことは?

効果につながる運動の三要素は… 運動、食事、休養、です。 実は、これよりも、もっと大切なものがあります。 素質的要素と… 最も大切なことは、マインドの使い方です。 マインドというか、目的の明確化と強い意識づけですね。 何を目的にするのか? 何のために、運動をするのか? それを明確にして、強い意識づけをすることです。 そこから、運動効果が生まれます。 まずは、始めること。 そして、続けることです。

続きを読む