この夏、熱い夏!

おはようございます。 今日も有難うございます。 夏を感じる朝になっていますね。 熱い朝です。 明るい朝です。 もう夏です。 すでに夏という感じです。 さあ熱い夏です。 熱い夏は、楽しく、乗り切りたいですね。 注意をしたいのは、脱水にならないようにすること。 つまり、お水を飲むことです。 人間の体は、水でできています。 水分の保持が重要です。 身体に水を保持するためには? お水を飲むことも重要ですが

続きを読む

梅雨明け宣言!

おはようございます。 今日も有難うございます。 梅雨明け宣言出ました! 本格的に夏が始まります。 スタートです。 始まるんです。 そして、本格的に始めます。 効率のよい筋力トレーニングの始まりです。 来週の火曜日から本格的に始めます。 筋肉に反射的な刺激を加え、効率よく筋収縮を促し、トレーニング効果を期待する試みです。 筋力トレーニングは、まずは始めて、続けることです。 また、続ける覚悟が重要です

続きを読む

過去の記事

角松さんの密かな名盤?

私の敬愛している角松敏生さんのアルバムに「The gentle sex」というアルバムがあります。 約二十年近く前のアルバム。 今聴いても、素敵なアルバムで、古く感じられません。 きっとクラッシックになってしまうのでは… それぐらいの予感がしています。 角松さんが、女性アーチストのために作られた曲を、角松さん自身が歌われて曲を収めたアルバム。 私は、個人的にベスト盤とも思っています。 曲と詩の世界

続きを読む

夏らしく?

おはようございます。 今日も有難うございます。 今朝は夏らしい朝です。 始まっています。 始めています。 夏らしい朝です。 今でしょ? という感じの朝ですね! 昨日の午後は、ゲリラ的な豪雨でしたね? 今日は、夏の気圧配置だとか? 夏をたくさん感じられそうです。 今週は時間の流れも早そうです。 夏に忘れ物をしない。 夏に置いてきぼりにされない。 そんな感じでやりたい朝です。 やりましょう。 今でしょ

続きを読む

日野原先生のご冥福を祈ります

聖路加病院の名誉院長の日野原重明先生がお亡くなりになられました。 105歳であったとのこと。 私が学生の時に、ピースハウスで直接、お話を聞き、指導を承った機会がありました。 当時から生き神様のようであり、人間として、職業人としての優しさと厳しさも教えていただきました。 直接、教えをいただく機会は、そんなにはありませんでしたが、著書やメディアを通して、その教えを伺う機会は続いていました。 大切なこと

続きを読む

海の日の休みが明けると?

おはようございます。 今日も有難うございます。 海の日の連休はいかがでしたか? 少し夏が実感できる天気でしたね? 夏ですね! 夏も今週も始まっています。 火曜日からのスタート。 熱い一週間がスタートしています。 海の日の月曜日が過ぎて火曜日からのスタート。 今週は時間が早く流れそうです。 間違いなく流れます。 熱い時間になりそうですね。 その瞬間を大切にひとときを過ごしたいですね。 蝉や虫の声も聞

続きを読む

熱い、海の日!

おはようございます。 今日も有難うございます。 海の日の連休の月曜日。 いわゆるハッピーマンデーのお休みです。 今日は、熱くなりそうな関東地方。 間違いなく熱くなれそうですね。 この夏、熱い夏。 この夏、熱い休み。 この夏、熱い月曜日。 そんな感じになりそうな、まだ朝の時間です。 脱水には要注意のお休みの予感です。 明るい月曜日の連休の朝がうれしいですね。 始めましょう。 外出をするときには、お水

続きを読む

海の日の連休ですね?

おはようございます。 今日も有難うございます。 さあ、海の日の連休が始まっています。 本格的に夏という感じがしますね。 夏本番です。 梅雨明け宣言は聞かれない横浜ですが、この海の日は、間違いなく夏の始まりを実感させてくれるお休みになりそうです。 熱い時間は、熱い平日につながりそうです。 連休は、連休ならではの時間の使い方をしたいと思うこの頃です。 診療と診療時間以外のメリハリが、それぞれの時間を引

続きを読む

立つことから?

おはようございます。 今日も有難うございます。 熱い青空です。 青空、海、夏という感じですね? 青春の一ページに夏の日の思い出は必ずありますね? 夏の思い出を大切にしながらも、明日に向かっていきたいですね? 大切なことは、過去よりも、みらいから今です。 明日から連休になりますが、本日の土曜日は、いつもと同じ対応の土曜日です。 午後は2時から4時の対応です。 比較的、土曜日の午後には余裕がございます

続きを読む

「ごめん 、愛してる」を観て

このドラマを観てしまった。 「小さな巨人」を録画設定していたので継続されてしまっていたのだろう。 昨日、観てしまった。 ふと、思ったのだが、日本のテレビ局がオリジナルで作るドラマではなさそうなストーリー。 実は、このドラマは、韓流ドラマのリメイクとのこと。 それを聞いて、なるほどと思う。 実は…最初に、のっけから、バットエンドであることを伏線で張っている。 何だろうな? と思いながら、最初の不思議

続きを読む