Category 思い

純粋さ?

おはようございます。 今日も有難うございます。 夏休み中です。 夏休みの思い出を、ふと振り返ります。 大人になってからの夏休みは一週間程度。 そう言えば、子どもの頃は、もっと長かったんですね? だいぶ以前のことになりますが、両親に連れられて両親の生まれ故郷の東北の福島に行ったのも懐かしい思い出です。 最初は水郡線でしたが中学生ぐらいの時は新幹線でした。 車での帰省もありましたが、高速道路が開通して

続きを読む

夏休みにやりたいこと?

有難いことに夏休みをいただいています。 夏休みにやりたいこと? 何を思っていたか? ふと、思い出してみました。 会いたい人に会う。 普段、会えない人に会う。 大切な人と大切な時間を過ごす。 ゆったりとした気分で読みたい本を読む。 読めていなかった本を読む。 観たい映画を観る。 こうしてブログを、いつもと違った時間にアップをする。 美味しいと思える、らーめんをいただく。 いつも違った感じでトレーニン

続きを読む

伝えるということ?伝わるということ?

おはようございます。 今日も有難うございます。 青空、夏の空、俺の空の夏休み。 有難く、おやすみをいただいています。 気持ちがよく、雲も優雅に流れています。 これから、雨が降るとか、来ないとか… 台風が近づくとか… そんな話も流れています。 ところで… 伝わる言葉、伝えたいこと。 伝わっている?伝わっていない? 聞く気がある?聞く気がない? 聞きたいことは何? その人のやりたいことは何? ふと、い

続きを読む

夏休みをいただいています!

おはようございます。 今日も有難うございます。 8月14日の日曜日です。 本日より22日の日曜日までお休みをいただきます。 ご理解、ご留意ください。 五輪でも、ゆったりと観ようか? そう思いましたが、SMAPの解散の報道がされています。 最近のメディア等を観ていると、事実上、各自で独立しているんじゃないの? と思うわけで… 一月の番組内での継続、謝罪の放映も、エンターテイメントの一部? と思ったの

続きを読む

おとなの夏休みが?

おはようございます。 今日も有難うございます。 おとなの夏休みが始まっているようです。 当院の夏休みは、明後日の14日の日曜日からです。 ご理解、ご留意ください。 リオ五輪の夏は熱くなっていますね? 柔道では、久々のメダルラッシュです。 ベイカー選手の中学生の頃からのトレーニングエピソードが多く流されています。 ベイカー選手だけではなく、体操の内村選手も素敵な結果でしたね? 彼ら、彼女たちは、確か

続きを読む

人生に引退は?

人生に引退はありません。 やりたいことを多く持ちませんか? 自分が自分でできるやりたいこと。 これを多く持つことが重要です。 やりたいことがなくなった時点で人生は終わります。 やりたいことを明確にして、多く持つこと。 これが人間として生きるということです。 やりたいこと? 生きていること自体が、やりたいことです。 もちろん、仕事もやりたいことだといいわけです。 でも仕事だけでは駄目なんです。 勉強

続きを読む

千代の富士さんのご冥福を祈ります!

千代の富士さんが亡くなった。 ショックだ… 言葉にならないぐらい… 私と同世代の方は同じ思いだろう。 小学生の頃、無敵だと思っていた。 強靭な上手投げ。 素早く前みつを取る立ち合い。 忘れられない。 分厚い胸板にも憧れたもの。 私がウエイトトレーニングに目覚めて、今も続けているのは、千代の富士さんの影響も間違いなくある。 あの千代の富士さんが亡くなるなんて… 現役のときの全盛期の活躍を知る世代は、

続きを読む

骨折り損のくたびれ儲け?

骨は折らない方がいい。 骨折り損のくたびれ儲け。 とは、よく言ったものです。 女性が閉経後に骨が弱くなることは、高齢化社会において大きな問題です。 今、日本の高齢者の方の寝たきりの原因の一割強が、骨折に伴うものと言われています。 なぜ、骨を折るのか? 骨が弱くなっていること。 そして、筋力が弱くなって転倒してしまうから。 この二つが大きな骨折を起こす要因になっています。 本当は骨が弱くならなければ

続きを読む

新しい風と共に!

新しい風が吹いています。 新しい風が心地よく吹いています。 先月から新しい風が吹いています。 クリニックの中にさわやかな風が吹いています。 いま自分ができることは何なのか? そんなことを考えながら、自分ができることに一生懸命になってくれています。 応募してきていただき、面接を行わせていただいた時に、やりたいという思いを強く感じました。 やりたいと思う気持ちが、いい仕事を行う上では大切なことです。

続きを読む

プロの仕事?

先日の角松さんのライブの余韻がまだあります。 音楽を聴いて感動をもしましたが、別の意味で、かなり刺激も受けました。 角松さんは、やっぱりプロの仕事でした。 ちまたでは音の職人とも言われています。 音の哲学者とも言われています。 かつては、ついてこれる奴だけついてこい。 そんなことを言っていましたが、今では、聴いてしまえば、誰しもが感じてしまうことができる素晴らしい音楽を演奏されています。 35年、

続きを読む