明るくなるのが?

おはようございます。 今日も有難うございます。 明るくなるのが少し早くなってきたような気がします。 成人の日を迎えると、あっという間に春が近づいてきますね。 どんどんと春になってきます。 明るさと寒さと暖かさが、混じりあっているのが、この季節です。 生きていることを実感できる、日本で暮らせていることを実感ができる季節です。 明るいって、やっぱり素敵です。 気持ちも明るくありたいですね。 心から明る

続きを読む

パワフルに!

おはようございます。 今日も有難うございます。 始まっています。 明るくなっている木曜日。 今日もやるべきこと、やりたいこと、できることをやろうと思う木曜日。 つべこべ言わず、やるべきことをはっきりとしてやろうと思っていたことをやる木曜日。 とっておきの木曜日だからできることもあります。 木曜日にできることがあると、他の日もできることが広がります。 バランスよくパワフルに! そう思う朝です。 パワ

続きを読む

過去の記事

「グッド ワイフ」を観て?

日曜テレビドラマを観てます。 下町ロケットの次は? 「グッド ワイフ」です。 常盤貴子さんが主演。 そして、弁護士さんもの。 そして、人妻、不倫もキーワード。 検察の特捜部も登場します。 このドラマ。 常盤貴子さんの演技が秀逸です。 あんな人妻はいます。 この人妻が、どう変化していくのか? 気になるところです。 また、脇を固める俳優さんの演技も素晴らしい。 小泉孝太郎さんが、結構、いい味の弁護士の

続きを読む

春に向かって!

おはようございます。 今日も有難うございます。 始まっています。 明るい朝になっています。 そして、水曜日。 冬なのですが、春に向かっています。 迎えたい思いがあります。 春は明るくて、暖かい。 そこに夢や希望、みらいが感じられますね。 一緒に元気になりたい。 一緒に笑顔になりたい。 一緒に動ける体を楽しみたい。 明るい春を楽しみたい。 そこに気持ちがあります。 気持ちがあれば… あとは動くだけ、

続きを読む

リラックスをして?

おはようございます。 今日も有難うございます。 始まっています。 一週間の始まりが火曜日です。 今週は始まっています。 リラックスをしながら、始めたい。 無駄な力を抜いて始めたい。 そんな感じですね。 疲れないように。 力を入れると疲れます。 力を入れないのが疲れないポイントです。 コーヒーなんかもいいようです。 コーヒーにはリラックス効果もありますが、抗酸化作用もあるようです。 缶コーヒーではな

続きを読む

コシードさんのマスター

町田という町にある地中海料理の名店でコシードさんというお店があります。 コシードとはスペイン語で煮込みという意味とのこと。 あまり、この場で特定のお店については紹介をすることはないのですが… 自身の職場の近くではなく… そこに思いがあるので書かさせていただきます。 三十数年前から馴染みであったお店。 初めて行った時は、ロードサイドの中華料理を居抜きで始めたられたカウンターだけの8席ばかりの小さなお

続きを読む

大人の日?

おはようございます。 今日も有難うございます。 明るい成人の日のお休みの月曜日。 それがいい感じです。 自分の成人の日を思い出します。 横浜アリーナでの成人の日。 以前の成人の日も書いたかもしれません。 明るい晴れの日でした。 永井真理子さんのライブで、生ライブっていいなと思いながら、すっかりファンになったことも記憶にあります。 市長さんや来賓の方の挨拶は全く記憶にありません。 横浜は成人になる人

続きを読む

筋トレは裏切らない?

おはようございます。 今日も有難うございます。 連休の日曜日の朝。 お正月明けの休みなので、少し、ゆっくりとしています。 連休だからこそのひととき。 大切にしたいひとときです。 そう言えば、筋トレは裏切らない。 そんな言葉がフレーズの番組の第二弾が放映されたようです。 トレーニングは裏切らない。 これは、私も言っていた言葉。 そして、長嶋茂雄さんも「リハビリは裏切らない」とお話になられていましたね

続きを読む

テーマは?

おはようございます。 今日も有難うございます。 始まっています。 平成最後の成人の日です。 そして連休ですね。 連休だからできることがあります。 それがいい連休です。 さあ、始めましょう。 そんな土曜日だからできることを? 当院は通常の土曜日の診療を行います。 始まっています。 一月の連休です。 さあ、やりましょう。 素敵に始めましょう。 それが連休の始まりの土曜日です。 お正月の休みで疲れてしま

続きを読む

「ボヘミアンラプソディー」を観て

お休みに観てきました。 かなり、入っています。 昨年、公開の作品では日本一になるとか? もっとも、日本でのクイーンの人気があればこそ… 最近でも、コマーシャルをはじめとして、あちらこちらでバックミュージックで使われていたクイーン。 誰しもが耳をしたことがある楽曲。 自分としては洋楽に目覚めた頃に流行ったバント。 だから、記憶にも突き刺さっている。 ボヘミアンラプソディーのオペラ仕立ての流れは、衝撃

続きを読む