Category シネマ

コードブルー3 暗闇の先にあるもの

視聴率が高く、高評価であったコードブルー3の最終回。 録画で観ました。 コードブルー、フジテレビはいい気持ちになってしまい映画化をするようですね。 フジテレビは、よほど、コンテンツに困っていると思えます。 映画でやるべき話なのか? とも思う、コードブルー。 さて、最終話はどうなるのだろうか? と、思った前回の終わり方。 運命の1時間の後に待っていたお話の続き。 なるほど、こんな話であったんだ? と

続きを読む

「ごめん 、愛してる」の最終話

ごめん、みんな、ぼけちん… って、揶揄してしまった、このドラマ。 最終話はどうなるんだ? と思っていましたが… ドラマスタート時に予告をしていたとも言えます。 ごめん、みんな、ぼけちん、でした。 でも、最終話は、主人公をはじめ、ぼけちんからの脱却をしたと見せかけた終わり方でした。 話としては、大きく動いたわけではありません。 原作を踏襲した終わり方ですが、少しだけ、アレンジはしたようです。 日本と

続きを読む

運命の一時間?

コードブルーの3rdシーズンも締めくくり。 第9話も衝撃の大事故のラストで次回につなげられた。 さて、どうなるんだ? どうやって締めるんだ? という終わり方は賞賛に値した。 ザッ、テレビドラマだ。 ただし、話の内容は、今回はラストに向かうためのこじつけなのでは? そんな感じも受けた。 突っ込みどころは満載だ。 七歳の子どもが人生の先行きに絶望を感じ、自死をも決意するのだろうか? ないだろう? いく

続きを読む

ぼけちんから?

日曜日の夜に放送をされている「ごめん みんな ぼけちん」 いや違った「ごめん 愛してる」 つい録画をされてしまっているので、観てしまっている。 途中で、みんなのぼけちんぶりに気がついてしまったのだが… 前回ぐらいから、ああ、なるほど愛ってそういうことだった… という内容に変化をして、主人公の二人が際立って観えるようになってきました。 愛のある関係は、そこに嘘がない関係です。 何らかの嘘がある限り、

続きを読む

孤独な夜?

コードブルーも大詰めですが? やっぱり、現場の人間からすると、ないでしょ? とか、そんなこと、当たり前だし? とか、思うことの両極端です。 その先やみらいを正確にわかってしまった時、仮定してしまって、想定してしまった時に、人ごとだと、なるほどと思えますが、自分のことになれば、感情の動きがあります。 感情の変化とも言えますが… 人間の弱さが、がんがんに、びんびんに心の中に生まれます。 孤独でも、悟っ

続きを読む

愛すること?

ごめん、みんなぼけちんが… 違ってきています。 なるほど、主人公のお二人が違って見えてきました。 そこに愛があるから? 愛が表現されています。 その他の登場人物とは違った部分が見えてきました。 そこに愛の真実が表現されているようにも思います。 なぜ、みんなぼけちんに見えたのか? そこに嘘があるからです。 ぼけちんは嘘つき? みんな、嘘つき? とも言い換えられます。 でも、人間は、実は生きていく上で

続きを読む

失敗の代償?

今回の「コードブルー」のテーマは失敗の代償とのこと。 前回が落胆の向こう側? というテーマでしたが、落胆の向こう側も失敗の代償も同じようなものだろう? というか、失敗を失敗としなければいいのではと思います。 落胆に向こう側なんてないし、失敗を失敗としなければいい。 落ち込むことはあってもいいけれど、止まり過ぎないこと。 とは、私の思い。 ドラマでは仮定の話を、仮定の話として、残酷なまでに演出をして

続きを読む

ごめん…みんな…

録画で観る、テレビドラマシリーズ。 日曜日の放送のものを観た。 先週の予告編で、ああ、みんな、ぼけちんだ… と思ったのですが… 予告編に裏切られた展開。 テレビドラマも予告編までも、数字のためにこだわっていますね。 予想とは違っていて、それはそれで、いい感じではありますが… それでも、みんな、ぼけちんなのは間違いがない。 男も女もみんなぼけちんだ。 だが、ここから、ぼけちんから、変わっていくのかも

続きを読む

落胆の向こう側?

落胆の向こう側には何がある? その時の状況にもよるでしょう。 録画で毎週観ている「コードブルー」の第6話のテーマでした。 このドラマ、人気があるのもわかるし、なるほどと共感共鳴ができる部分もあります。 医療従事者として、また、かつてERでの仕事も選択肢にしていたので、そう思うのかもしれません。 医療モノのドラマとしては、ERシリーズに勝るものはありません。 どうも日本とアメリカではテレビドラマにか

続きを読む

ごめん…

流れで、観ている日本のドラマ。 なんだか、日本を憂いてしまう。 日曜日のドラマ。 どこかの国で流行ったドラマのリメイクだとか? ドラマだとはいえ、ダメな女性の物語なのか? と思っていましたが、実は、その周りにいる男性もダメな男たちだった… そう感じます。 ダメな人しか登場していない? みんなボケちん? そう思いました。 ドラマだからいいのかな? かっこいい人がいない… できる人がいない… 男も女も

続きを読む