頚肩腕症候群(肩こり)

頚肩腕症候群(肩こり)とは

こんなお悩みありませんか?

  • 夕方になると感じられる肩こりや背中の痛み
  • パソコンでの作業を継続すると感じられる肩こりや背中の痛み
  • 疲れると目の奥に痛みを感じたり、頭痛を感じること

頚肩腕症候群(肩こり)とは

頚部、背部、肩、上腕、前腕、腕の部位の筋肉から生じる疲労性の疼痛の総称のことです。

頚肩腕症候群(肩こり)の原因

筋肉の収縮が継続したために生じた疲労や、筋肉が収縮し続けることで血管が締まってしまい血流が低下することで生じる症状や疲労です。

頚肩腕症候群(肩こり)の治療法

  • 骨量検査で骨の量が少ないと言われた
  • 運動療法
  • リハビリテーション
  • 生活の改善
  • 消炎鎮痛薬の内服薬と外用薬
  • 筋弛緩薬
  • 温熱療法
  • 干渉波やSSPによる物理療法
  • マッサージ

頚肩腕症候群(肩こり)の治療にかかる期間等

体力をつけるか、負担のかからない生活を行うことで、短期間で症状の改善が期待できます。

頚肩腕症候群(肩こり)について院長から一言

負担をかけないような生活環境や体の使い方を変えること。体力をアップをする運動や体操の習慣化で症状の改善が期待できます。その方に応じた対応の提案をさせていただきます。お気軽にご相談ください。

文責 
 矢吹整形外科院長 
 日本整形外科学会専門医 
 矢吹 尚彦