母校の高校の野球

本日、母校の高校野球の予選があります。 日曜日に行われる予定でしたが、雨で順延です。本日は、天気がいいので行われるでしょう。 母校は運動に力を入れている学校ではないので、甲子園は夢のまた夢です。 でもね、応援したくなるんですね。 これは、日本人なのだからでしょうか? 何かを応援したくなるんですね? 日本人の特性です。 さて、自分も応援したいですね。 そこから何かが生まれます。 若者よ、頑張れ! 応

続きを読む

大門未知子さん?

外科医大門未知子? はて、さて、誰? と思う方も多いかと思います。 テレビ朝日の人気ドラマシリーズです。 米倉涼子さん主演の外科医が主人公の医療ドラマです。 いままで3シリーズ放映されて、どれも高視聴率だった人気ドラマです。 先日まで、「Dr.倫太郎」「医師たちの恋愛事情」と医師を主人公をしたドラマが二本も放映されていました。 水曜日と木曜日の夜は録画をしたものを観させていただきました。いろいろと

続きを読む

過去の記事

DR.Xって誰?

Dr.Xって誰? 外科医 大門未知子さんですね。 テレビ朝日さんの人気ドラマシリーズです。 高視聴率で米倉涼子さんのはまり役とも言える作品ですね。 前クールで、倫太郎先生や千鶴先生とお会いしていたので、今度は大門未知子先生とお話ししたいと思いました。 しばらくの間、大門未知子先生とのお話しを楽しみます。 また、私が本物の医師としての視点で感じたことも織り交ぜて、この場でお話しをさせていただこうと思

続きを読む

骨粗鬆症の予防には?

5月の日本整形外科学会の総会で聞いてきた話から、骨粗鬆症について書いておきます。 骨粗鬆症は閉経した女性の方は、いずれかのタイミングでなる状態です。 いま、様々な薬剤での対応が可能になっています。 目標は現状維持です。 さて、今日の話は、骨粗鬆症にならないためには?という話になります。 どうしたら、骨粗鬆症になりにくくなるのでしょうか? それは、骨粗鬆症になる前に、骨の貯金をたくさんしておくことが

続きを読む

待ち時間について

おはようございます。 今日も有難うございます。 火曜日です。 比較的に余裕があるのが火曜日です。 待ち時間も少ないことが多いですね。 ただし、月曜日や水曜日の天候により待ち時間が変わってくることもあります。 待ち時間は状況により変わります。 待ち時間が気になる方は、事前に電話で問い合わせをしてから、お越しになることをおすすめしています。 まだ梅雨は明けません。 天候が不安定です。 待ち時間も不安定

続きを読む

肩が固まる?

四十肩ですが… 放っておいても治ると言われることが多いです。 確かに、そういう場合もあります。 ですが… あまり無理をすると固まってしまう場合があります。 肩板や滑膜や滑液泡の炎症の結果で、癒着という状態になると厄介です。 関節の滑って動く部分がくっついて動かなくなります。 そうすると、なかなか、動かなくなります。 いくらヒアルロン酸を関節内に注射をしても効果が出にくくなりすね。 癒着という状態に

続きを読む

なでしこ、楽しんでください!

おはようございます。 今日も有難うございます。 私の母校の高校野球の予選は雨天順延になりました。 今度の金曜日に順延です。 母校が甲子園に行ける日が来るのか? わかりませんが、青春を燃やして欲しいですね。 最近、大学受験では、それなりの結果を出している、わが母校です。 野球やスポーツ、クラブ活動の今後にも期待していますしています さあ、話は変わり、本日はなでしこの決勝です。 戦術さえ、しっかりとし

続きを読む

母校の野球の試合が…

おはようございます。 今日は日曜日です。 おやすみをいただいています。 有難うございます。 今日は母校の夏の甲子園の予選があります。 勉学第一の学校なのですが、野球も、結構、頑張っている母校です。 日曜日に予選があると応援に行かせていただいています。 あいにくの梅雨空ですが、雨さえ降らなければ試合決行ですね。 若者よ、頑張れ! 青春を楽しめ! そんな感じですね。 若者の元気が日本の元気です! 若さ

続きを読む

ストレッチのポイント

ストレッチのポイントを書いておきましょう。 ストレッチは、筋肉や関節を柔らかくして伸ばすということです。 運動の前には欠かすことのできないものです。 怪我の予防や腰痛の予防のためにも、欠かすことができないものですね。 小学生から中学生のときにも、腰椎分離症の予防のためなどに、欠かすことのできないものです。 ポイントとしては、力ずくに伸ばすということではなく、ゆっくりと痛みを感じないように伸ばすとい

続きを読む

お待たせすることもありますが・・・

状況に応じてお待たせすることもございます。 お一人、お一人に応じて、対応をさせていただいています。 時に初めていらっしゃる方の対応には時間がかかります。 病気だけではなく、バックボーンや状況、環境に応じた対応を心がけたいと考えています。 そのためには、お一人お一人に向き合うことになります。 初めていらっしゃる方は、お時間に余裕を持たれての来院をおすすめしています。 あなたのかかりつけ医として、一生

続きを読む