スノーボードの怪我

スノーボードでの転倒。 手首の骨折が多くなっています。 転び方にもよりますが、スノーボードの骨折は非常に多いですね。 前に転ばない。 なるべく、手のひらをつかない。 お尻で転んで、スピードを殺してから、腕をつくこと。 前腕の全体で、雪面をたたくように腕をつくこと。 また、スピードを出し過ぎない。 無理をしないこと。 これが大切ですね。 私はスキーヤーですが、スキーヤーの立場で眺めているとスノーボー

続きを読む

雪で転ぶときは?

今日は横浜は雪模様です。 雪では、転ぶこともあります。 気をつけることは、転び方です。 お尻から転ぶこと。 前には転ばない。 後ろに転ぶことです。 そして転んだ時に手のひらをつかないこと。 前腕全体で、柔道の受け身をとるように、腕全体でつくことです。 雪で転ばれて、前腕の骨折をされる方は、非常に多いです。 できれば、転ばないこと。 転んでしまっても、上手に転ぶこと。 また、骨を丈夫にしておくこと。

続きを読む

雪ですね

おはようございます。 今日も有難うございます。 横浜は、海沿いは雨、山沿いは雪の月曜日です。 外出をされる方は、気をつけてされてください。 本日は月曜日。 通常の診療を行います。 整形外科、スポーツ障害、皮膚科一般のご相談はおまかせください。 今週も宜しくお願いいたします。

青空の日曜日

おはようございます。 今日も有難うございます。 青空の日曜日が素敵ですね。 どなた様も、冬晴れの日曜日をお楽しみください。 ちょっと寒い日曜日は身体を暖めることを思い出すために、運動やスポーツもいいものです。 身体は動かすためにあります。 頭は感じるためにあります。 日曜日は生きることを楽しむために使いたいですね。 整形外科、スポーツ障害、皮膚科一般のご相談は明日の月曜日のお越しをお願いしています

続きを読む

穏やかな土曜日ですね

おはようございます。 今日も有難うございます。 土曜日は午前の早い時間に来院が重なります。 比較的、午後が余裕があることが多くなっています。 お時間に余裕がない方は、あらかじめ、電話でお問い合わせの上のご来院をおすすめしています。 なお、スタッフ採用の応募の方は、お電話でご連絡をお願いしています。 その後、履歴書を送っていただくことになります。 履歴書の内容を検討させていただき、こちらから、再度、

続きを読む

SMAPさんの話から思うこと

SMAPさんの話を多角的に見てみると、色んなことが見えてきます。 この話… 今のところ、誰も得をする人がいない状況です。 ここのところに、この話の本当のところが隠れていそうですね。 メディアにも上がってこない話の真相はそこにありそうです。 利益のためだけではない、ということがわかっできます。 人間は、損得勘定だけでは生きられない。 感情の生き物のなのだということが見えます。 おそらく、損得勘定だけ

続きを読む

冬晴れですね

おはようございます。 今日も有難うございます。 今日は通常の診療を行います。 お正月や成人の日の連休の影響で、重なってきた来院も落ち着いてきました。 待ち時間も短くなってきています。 ただし、待ち時間は状況により変わってきます。 ご理解、ご留意のほど、宜しくお願いいたします。 この季節、腰痛や膝の痛みが多くなっています。 運動をすることで、改善する事も多いようです。 腰痛、膝の痛みの原因と対処法に

続きを読む

ウルトラライトダウンジャケットは優れものです!

ユニクロさんから火がついたと思われるのが、ウルトラライトダウンコート。 実は、私は身体が大き目なので、ユニクロさんのものは着れません。 ということで、LLBeanさんのウルトラライトダウンコートを、今年、漏れなくゲットをしました。 この数年は、A1のフライトジャケットタイプの革ジャンバーを愛用していました。 この革ジャンバーが重いんですね。 それに引き換え、ウルトラライトダウンコートは、名前の通り

続きを読む

冬晴れの朝です

おはようございます。 今日も有難うございます。 気持ちのよい冬晴れの朝です。 本日は休みをいただいています。 整形外科、スポーツ障害、皮膚科一般の相談は明日のお越しをお待ちしています。 スタッフ採用の応募のご連絡も明日のご連絡をお待ちしています。 ご理解、ご留意のほどを宜しくお願いいたします。

日野原重明先生は生き神様ですね!

先日、NHKさんの達人X達人という番組で日野原重明先生と篠田桃紅さんの対談を放送していた。 実は日野原重明先生とは、20数年前に邂逅がある。 秦野のピースハウスホスピスでの研修のときにお話を聞いた。 当時の映像も流れていた。 個人的には懐かしい映像でした。 あのときも生き神様という感じがしましたが、現在は、104歳とのことで、ご自分で自身のことを、お化けじゃないと話されるお茶目な面もある日野原先生

続きを読む