「愛を積むひと」を観て

「愛を積むひと」を観てきました。 とても素敵な映画でした。 結論から書くと、泣ける映画で、考えさせられる映画。 そして、観た後に優しくなれる映画です。 感情に訴えることも多い物語でしたが、北海道の魅力も満載の映画でした。 エドワード・ムーニー・Jrという方の「石を積むひと」という原作を日本版にアレンジしたものとのことです。 私は原作は読んでいませんが、原作を読まない方が映画の世界に入れるかもしれま

続きを読む

肩の痛みは?

肩の痛みに関して、お話しておきましょう。 肩の痛みで代表的なのが、いわゆる四十肩、五十肩というもの。 正式な名前が、肩関節周囲炎と呼びます。 肩の関節のまわりの、肩板といわれる薄い筋肉や、関節包、滑膜や滑液包の損傷や炎症から生じるものですね。 なぜ、四十肩、五十肩と言われるのかというと、四十、五十ぐらいの方がかかる方が多いからです。 四十、五十になると、筋肉が弱くなります。 筋肉が弱くなると、小さ

続きを読む

過去の記事

医局のOB会がありました

おはようございます。 昨晩は、医局のOB会がありました。 昭和大学藤が丘病院の神崎浩二先生を講師に招いての勉強会でした。患者様への思いと、アカデミックな検証に基づく臨床の実地のお話が心に響きました。 腰痛をきたす脊椎疾患のアップデートな話でした。 教えていただいた話に基づき、少しバージョンアップをした外来診療につなげられそうです。 神崎先生、有難うございます。 また、懇親会では、医局の先輩後輩で思

続きを読む

スロートレーニングについて

いま、注目されているトレーニングメソッドにスロートレーニングがあります。 いつでも、誰でも、気軽に始められるトレーニングです。 きちんと行って、継続すれば、誰でも効果が実感できるトレーニングです。 最大筋力の50%前後の負荷で、ゆっくりとした動作で行うトレーニングです。 最大筋力の50%という負荷は、そんなにきつい負荷ではありません。 最初は、ちょっと軽いかなと感じるぐらいの負荷です。 ゆっくりと

続きを読む

「ガングリオン」を調べて・・・

ガングリオンの検索をして、私のブログに来られた方がいます。 有難いことです。 私はガングリオンの専門家ではありませんが、ガングリオンで検索をかけると、なぜか検索されるようです。 ガングリオンに関しては、整形外科の先生ならば、ほとんどの先生が対応が可能です。 病院の整形外科の先生は手術を考慮される場合もあるようですが、多くの整形外科の先生は手術による治療の選択をされる先生は少ないと思われます。 ガン

続きを読む

信じること?

信じることと、信じられること。 これは、実は、結構、相関関係があります。 信じることができる人は、信じてもらえる関係になることができます。 信じることができない人は、信じ合える人間関係を作ることができません。 信じること、信じられることは相関関係があるわけです。 ここで大事なことは、何を持って信じて、何を持って信じていただけるのか? 信用と信頼を何で得るのか? 信じていただけるような生き方をしてい

続きを読む

肥満という状態は?

最近のトピックに脂肪細胞や肥満が炎症に関係があるとの話題が提供されています。 肥満、つまり身体が大きくなる状態です。 そこには炎症が関係していました。 肥満という現象は、常に身体に炎症を生じている状態だという話になっています。 必要以上に、体と細胞が大きくなっているということは、何らかの変化が細胞と身体に起きている状況です。大きくなっているということは、身体を壊しながら、身体を大きくしていくという

続きを読む

新しい仲間

職場に少し若い世代の方が仲間に加わっています。 すごく、ピュアーさを感じます。何事にも一生懸命です。 しかも見返りを求めない気づかいがあります。 見返りを求めない気づかいは、身につけようと思って身につけられるものではありません。 きっと、親御さんの育て方や姿をみて、身についたものなのだと思っています。 まったくのピュアーさに、何か気づかいをされたら、自然に有難うという言葉が出てしまいます。 貴重な

続きを読む

ヘルニアの手術は?

腰椎椎間板ヘルニアの手術療法ですが、最近は、技術が進化しています。 安静にしたり、消炎鎮痛薬を服用しても、痛みのコントロールがつかない場合、筋力低下や麻痺をきたしている場合は、手術が考慮されます。 手術に関して書いておきましょう。 大まかに書くと、手術のポイントは三つほどあります。 1:ヘルニアだけをとってしまう方法。 2:骨を削って神経のまわりのスペースを拡げる方法。 3:骨と骨を固定して椎間板

続きを読む

医師を主人公にしたドラマでは?

医師を主人公にしたドラマが、今期は、2本放送されていました。 私も、この場で、私見の感想を述べてきました。 医師を主人公にすると、必ずドラマとして、反目する存在が描かれます。 以前は、医師同士で反目しあう存在を作り、演出してきました。 最近では、違った立場の方を登場させますね。 医師たちの・・・ では、生瀬さん演じる渡辺経営本部長という存在。 倫太郎先生では・・・ 小日向さん演じる円能寺理事長です

続きを読む