運動 栄養 休養が?

おはようございます。 今日も有難うございます。 明るい朝がうれしいですね。 もうすぐ夏です。 梅雨入りしていますが、晴れの日が続いていますね。 夏だからやりたいこと。 梅雨だからやりたいこと。 この時期だからやりたいこと。 ありますね? やっちゃいましょうね! 私たちがやりたいことは、動ける体と笑顔のお手伝いです。 動ける身体からうれしさを感じて、笑顔になって欲しい! それが、私たちの思いです。

続きを読む

6月も中盤です!

おはようございます。 今日も有難うございます。 曇り空ですが明るい朝がうれしいですね。 始まっています。 明るい木曜日です。 梅雨入りしていて、曇り空ですが、明るい曇りなのが有難いですね。 クリニックでは、7月から少し新しいことに取り組みます。 皆さんのために、お役に立てることですが、詳細に関しては、改めさせていただきます。 梅雨入り、そして、6月も中旬です。 時が流れるのは早いものです。 ひとと

続きを読む

「CRISIS」の最終回?

さて、昨晩、とうとう最終回の放映でした。 録画で観たのですが、なぜかお尻が録れていなくて、動画配信を観てしまいました。 と私のことは置いておき… 凄い作品で、考えさせられるラストでした。 前半は前回からの流れで、こんな感じなんだろうな? そう思いながら観れましたが、後半は、ムムムッ? という感じで、観させていただき… ラストは、凄く衝撃で、考えさせられるエンディング。 なるほど、こういう最後にした

続きを読む

雨上がりの?

おはようございます。 今日も有難うございます。 雨上がりが、少し好きな私です。 雨上がりと言えば? いろんな妄想?も楽しめます。 人生は自分で自分を生きています。 でも、一人だけでも生き続けることはできません。 みんなが、うれしく、楽しく、有難く、生きられるためには? そんなことを思いながら、今日も元気のお手伝いをさせていただきます。 元気で動ける身体のお手伝いをさせていただいています。 生きてい

続きを読む

「CRISIS」も今宵は?

今宵は「CRISIS」も最終回です。 ひょんなことから、お寿司屋さんで旬な役者さんと相席をしたことが、ご縁で観てみようと思ったドラマ。 スタートで、これテレビドラマかい? と度肝を抜かれたものです。 途中は、様々なストーリーが交錯していましたし、バットエンドだろ? これでいいのか? と思うことも多々あった、このドラマ。 恐らくは、最終話で、まとめてくれるものと予想していますが… もちろん、アクショ

続きを読む

腰痛の原因は?

おはようございます。 今日も有難うございます。 雨音で目覚める朝。 梅雨、ど真ん中です。 少し、雨が上がっていますが、この不安定さが梅雨という感じです。 うまく、おつきあいをしたいですね。 逆らわず、穏やかに過ごす… 何だか、人間関係のような感じもしますね。 自然現象とはうまくつきあいたいものです。 さて、昨晩、腰痛の話を聞いてきました。 大学病院の先生のお話です。 ちょっと新たな切り口の話。 他

続きを読む

「小さな巨人」も最終回目前です

「小さな巨人」は日曜日の夜の楽しみです。 今回は最終回の前の話。 次回の最終回では話をどうまとめるんだ? そんな感じで終わった回でした。 舞台仕立てのドラマ作り。 最近の流行りです。 過剰な表情と表現が非日常ではないドラマであることを感じさせてくれます。 役者さんの表情の表現力がないと作れないドラマ。 長谷川さんという役者さんも、結構な役者さんだな… 岡田さんも、芸能人だな… 香川さん、さすがに歌

続きを読む

膝も?

おはようございます。 今日も有難うございます。 さあ、月曜日です。 明るい朝になっています。 始まります。 一週間が! 夏になる前のこの時期は、結構、イベントがあります。 夏休み前なので人が集めやすいということがあるのかもしれませんね。 今週から、個人的に多くのイベントがあります。 多くは、仕事に関係しているイベントですが、それ以外のものチラホラと入っています。 イベントに参加をして何かが変わるの

続きを読む

腰痛の予防には?

おはようございます。 今日も有難うございます。 明け方は曇り空でしたが明るくなってきた日曜日の朝です。 始まっています。 明るくて素敵な日曜日です。 初夏を楽しめる日曜日です。 6月はお休みは日曜日だけですが、昼間が長いのがうれしいですね。 明るい6月と日曜日を楽しみたいですね。 楽しんでしまいましょう。 整形外科にご相談が多いのが腰痛なのですが… 実は予防が可能です。 こちらにも過去ログで紹介さ

続きを読む

「SEA IS A LADY 2017」を聴きながら…

やはり、青春の思い出に角松さんの、こちらのオリジナルバージョンは欠かせません。 オリジナルバージョンは、サウンドエフェクトを効かせたピーキーな感じ。 約30年前の作品ですが、古臭くは感じられませんが、若者の、青春のサウンドという感じです。 今回の2017バージョンは少ししっとりとしていながら、確かにテクニックも感じさせられます。 聴いていて疲れることはありません。 私が、おじさんになったからなのか

続きを読む