Category 腰痛

ヘルニアにMRIは?

ヘルニアと診断されたときに、MRIが必要なのでしょうか? ケースバイケースということになります。 基本的には、MRIが必要、必然な場合は、経過を診ていて、症状が軽快せずに続く場合、もしくは悪くなっている場合です。もしくは、ヘルニアにしては、症状が典型的ではない場合などはMRIを撮っておいてもいいと思われます。または手術を前提としている場合はMRIを撮っておいた方がいいと判断されます。 経験がある先

続きを読む

MRIって、どんな検査・・・?

よく、整形外科のクリニックだとMRIがとれないから、行っても無駄という話を聞きます。 クリニックではヘルニアの確定診断はつかないから無駄だよと言われたという話も聞きます。 どうせ行くならば、病院でMRIをしなければ意味がないという話も聞きます。 本当でしょうか? MRIは、撮れるのあれば、情報が増えるので判断の材料の幅が増えます。ですから、MRIの情報があった方がいいとは言えます。 ただし、MRI

続きを読む

ヘルニアの手術は、どんなときにするの?

ブロックでも痛みのコントロールができない。症状が強い場合にはどうするのでしょうか? 手術ということになります・・・ 手術は、どのような場合に考慮されるのかというと・・・ 安静にして消炎鎮痛剤を用いても、痛みのコントロールがつかない場合。 麻痺を認め、足の筋力低下が著しい場合。 排尿、排便の感覚がわからなくなり、コントロールできなくなっている場合。 日常生活に、かなりの支障がある場合。 以上の症状を

続きを読む

ヘルニアの治療のブロックとは?

工藤君のヘルニアは症状が落ち着いたので、めでたし、めでたしでした。 工藤君の学生のときの痛い思い出です。 では、ヘルニアの治療には、どんなものがあるのでしょうか? ヘルニアには、消炎鎮痛剤や生活内容の指導で、落ち着くものが、結構、あります。小さくなるタイプのヘルニアは、痛みとうまくつきあいながら、注意深く経過を診ていれば、症状はおさまります。 では、症状がおさまらない場合はどうするのでしょうか?

続きを読む

ジャックナイフストレッチを!

腰痛の予防で大切なことは? 腰痛にならないようにすることです。 と書くと答えになりません。 腹筋が大事と言われています。 これは、かなり大切です。 続けないと、効果は期待できません。 腰痛に関係なくやりたいですね。 背筋をつける? これも、大事です。 背筋に関しては、つけるというよりも、柔軟性が大事です。 忘れてしまいがちなのが、ハムストリングスのストレッチです。 太腿後面の筋肉ですね。 よく、学

続きを読む

腰痛と運動は?

腰の痛みに対して運動は効果があるのか? 答えは、あることが多い… ということです。 もちろん、安静が必要な腰痛もあります。 激しい痛みの場合。 神経の症状が強い場合。 内科的な疾患からくる腰痛。 そんな場合は安静が望ましいですね。 ただし、安静の期間は、急性期のみをおすすめします。 具体的には、3日から5日以上の安静は、好ましくありません。 あまり、安静が長くなると、全身の筋力低下につながります。

続きを読む

腰痛の名医?

おそらく、腰痛で悩んでいる方は、たくさんおられると思います。 腰痛の名医はどこにいる? 多分、ネットで検索したり、雑誌やメディアを漁ってみるよりも、意外に近くにいるかと思います。 お近くの、話のしやすい、相談のしやすい整形外科医の先生が、腰痛の名医であったりとかします。 腰痛の治療は、その方の生活状況や環境、キャラクター、年齢などを考慮して組み立てなければなりませんね。 腰痛は、再発もしやすいんで

続きを読む

腰痛は整形外科医に、まずはご相談を!

腰痛に関して… 少しだけ書いておきます。 腰痛の原因には色んな要因があります。 簡単にネットの情報だけで判断はしてはなりませんね。 一般に整形外科医は画像を重視しがちです。 画像は大切な情報です。 画像だけでは、全ての判断はできません。 大切なのは問診と身体所見です。 そして、問診と身体所見を裏づける画像所見です。 忙しいときに画像だけで判断をしてしまう整形外科の先生もいるかもしれません。 ただし

続きを読む

工藤君のヘルニア体験談の続き

工藤君、腰のヘルニアと診断されました。 心配になった工藤君でした。 先生からは、ヘルニアだからといっても、そんなに心配ないよと言われた工藤君です。 先生曰く、腰のヘルニアは、長い目でみると、ほとんどが治るとのこと。 ヘルニアの出方(タイプ)にもよるようです。 ヘルニアの痛みは、ヘルニアが神経を刺激して神経の炎症が生じて出る痛みとのこと。 腰に負担をかけないように安静したり、コルセットをすること。消

続きを読む

トレーニングって素敵です!

いま思っていることがあります。 ちょっとした運動がいい。 いわゆる筋トレを続けると、いいことがある。 このことを、いろんな方に知って欲しいと思っています。 どうせやるなら、若いうちから始めて欲しい。 どうせ始めたなら続けて欲しいと思っています。 ただし、若くなくても、トレーニングを始めて、続けると効果があるんですね。 トレーニングはスポーツマンや競技者の方のためだけのものではありません。 リハビリ

続きを読む