Category 思い

目を見て話をすることが?

少し前のことですが… 見ている人は見ている? と感じることがありました。 クリニックのことです。 来院が重なったり、対応することが多くなると、目を見て対応をしない、話をしていない… というお話をいただいたことがあります。 患者様に対しても、スタッフ間の業務伝達でも、そんな感じとのお話をいただきました。 対応することが重なると、何かをしながらになってしまうことはあります。 その方のお話ですと、対面し

続きを読む

素直さを考える?

先日の某大学のタックル問題。 戦前の日本のようだと考察をしたこともある。 何を目的とするのか? そこが明確になっているのか? 大事なところ。 日本の体育会系の運動部は、実は歴史を遡ると、軍隊教育に通じるものがある。 確かに、目的が明確で勝利のみを目指すのであれば、闇雲に指示に従うことも、ある意味では必要になる。 また、勉強や学習、手技の習得ということでも、ある時期は盲目的に従い、真似をしてみること

続きを読む

スポーツは?

まだ話題に上がっている、某大学アメフトの問題。 そして、話題になっているのが、ワールドカップサッカーのサムライジャパンのこと。 ワールドカップのサッカーが、日本では盛り上がっていないとの話になっています。 本当なのか? とと思うわけです。 アメフトの問題も、なぜ、危険なタックルなのか? その本質が、見ている人や話を聞いている人には伝わっていません。 どうしてなのか? ふと、思うところです。 以前は

続きを読む

またまた?

読んでいますよ? と教えていただくことがありました。 新しく担当になられた業者の方です。 仕事としてのとっかかりにするのでしょうけれども… うれしいと思う反面… 読んでしまったのか? とも思うこともあります。 まあ、仕事熱心なのでしょうね… こちらで書いていることは… 記録や備忘録であったり、つぶやきであったり、ちょっとした情報提供であったりとかもします。 もちろん、ブログという媒体ですから、人様

続きを読む

ネットの情報は?

話を聞いて対応をすること。 これはとても大切なことです。 中途半端に聞くのではなく、しっかりと聞くことが大切です。 聞いた気になるのではなく、しっかりと聞くこと。 実は、ネットではそれが不可能です。 双方向性がないからです。 医療の情報で大切なことは、情報の共有なのですが、ネットで共有できることは一部分です。 よくネットの情報を参考にされて、私たちのところを訪れる方がいらっしゃいますが… 検索で引

続きを読む

大学側の記者会見?

連日、話題に上っている某大学のアメフトの問題。 先日は、当該選手の記者会見。 それを受けた訳ではなく、文春バズーカーが発砲されるからの大学側の記者会見とも思えましたが… イメージダウンの記者会見でしたね。 おそらく、双方ともに、ある程度、本当のところを話していますが、大学側は細かい微妙なところを隠しているのが明確になってしまった記者会見でした。 当該学生は、自分の言葉で、余すことなく淀みなく答えて

続きを読む

選手の記者会見と某大学?

いやはや… 問題? いや話題になっているアメフトの選手の記者会見。 それに対しての大学対応。 大学の対応が酷すぎます。 最高の高等教育の場である大学が… 選手の国語力と解釈の違いと切り捨てています。 ありえません。 記者会見の言葉を全て聞けば、某大学の監督の指示をコーチが忖度していることは間違いがありません。 怪我をさせろという言葉は直接は用いていないかもしれませんがありえない。 前後の言葉を聞け

続きを読む

栗城さんを偲ぶ

昨日、訃報が入ってきました。 登山家の栗城さんが亡くなられました。 エベレストの無酸素登頂にこだわり、8回目のチャレンジだったとか… 今回も果敢にチャレンジをしていたようです。 実は、今回のアタックでは、体調が不十分であったことが、Facebookの書き込みからも伝わってきましたが… 本人は、果敢に攻めようとして… 途中で無理だなと判断して、下りてくる中途で息途絶えたようです。 登山というスポーツ

続きを読む

希望の朝っ!

おはようございます。 今日も有難うございます。 明るい朝です。 太陽よりも、早く、高く、明るい朝です。 素晴らしい朝です。 希望の朝です。 ラジオ体操ではありませんが、明るいのがいい感じです。 おはようから始まる朝はいい感じです。 さあ、今日も始まっていますよ。 希望と現実と元気です! そこから生まれる笑顔という結果を楽しみたい! そう思いますね? さあ、そこには希望がありますか? 希望から生まれ

続きを読む

今週は…

今週は、いろんなニュースがありましたね。 私にとっては、某大学のアメフトの事件? 事件と書いてよいものかと思いますが、気になったところです。 その合間に、西城秀樹さんの訃報が飛び込んできたり、是枝監督のカンヌのパルムドールの受賞があったりとかしました。 西城さんの訃報は、自分自身、ヤングマンなどの歌に励まされたり、元気の源になっていたようにも思います。 一昨年の紅白の映像には、少し違和感も感じまし

続きを読む