Category 小話

人間って?

戦中の日本軍の一面について書かれている本を読む。 実は戦争は無法地帯。 法律がなく、抑制がなくなると人間は… 動物になるわけで… 社会性というものは関係なくなる。 実は、そこまでやっていたんだ? そんなことが、戦争中には起こっている。 今の常識では考えることも理解もできない。 でも、それが真実。 それだけ人間には凶暴性があり、狂気も存在する。 法と抑制がなくなれば、動物そのもの。 何でもやれるわけ

続きを読む

雨上がりは?

おはようございます。 今日も有難うございます。 雨上がりの月曜日の朝です。 始まっています。 雨上がりは気持ちがいい朝です。 輝いている朝が気持ちがいいですね。 生きていることは輝くこと。 輝いているって素敵です。 今週も生きていることのお手伝いをさせていただきます。 動ける体から笑顔になっていただく。 生きていることを実感していただくこと。 動ける喜びを知っていただきたい。 動くと気持ちがいいこ

続きを読む

「東京少年少女」を聴く!

角松さんの新譜が出ました。 ご存知の方もいるかもしれませんが、私自身は往年のファンです。 学生の時の学園祭のライブに行って… やられています。 それ以来、周年のライブは欠かせません。 さて、先週、発売の「東京少年少女」を聴いています。 ヘビーローテションになっています。 というか、何度でも聴きたい感じです。 ミニアルバムと言うが、そんな感じでもない。 ボーナストラックを含めれば、素晴らしいアルバム

続きを読む

「運転者」

喜多川泰さんの新作の「運転者」が発売になりました。 ファンタジー仕立ての作品なのですが… 大切なことを、教えてくれる作品です。 さりげなく、感じさせてくれる作風は素晴らしいと思う私です。 かなり、大切で重要なことを、重苦しくなく、さりげなく、泣けるような感じで仕上げるのが喜多川ワールド。 実は、映画で観たくなるような世界観です。 映画化されている作品もありますが… ちょっと残念な感じに仕上がってい

続きを読む

新しいもの?

おはようございます。 今日も有難うございます。 この季節は新しいものが… 世間にはあふれています。 新しいこと。 新しいもの。 新しい関係。 そんなことがたくさんありますね? 先日は、新しい承認をされた骨粗鬆症の新薬の発売記念と思われる講演会に行ってきました。 治験に関わられた方々のお話し、開発の経緯等を聞いてみると… かなり、効果的な薬剤の登場と考えて良さそうです。 ただし、オンリーワンでゴール

続きを読む

「令和」とのことですね!

新元号が決まりましたね。 「令和」とのこと。 まだ、しっくりとしませんが… 時間が過ぎるとしっくりとくるのでしょうね。 平成に忘れ物をしないように! そう思います。

プラスの変化?

何でもいいから、始めてみませんか? 変えてみませんか? 年齢を重ねて、経験を重ねると、生活の流れや、リズム、内容を変える機会は少なくなります。 何かきっかけがないと変わることは少ない。 人間って、実は、そんな生き物です。 変わること、変えることが、本質的にはしたくない生き物です。 現状を変えたくない。 そんな本能があります。 とりあえず、今、生きていられるのだから、今の環境を保持できれば安心で安全

続きを読む

EPAというお魚の脂が?

最近の統計で… お魚の脂のEPAという物質が心疾患の予防になる統計が出ています。 一日に約2g摂ることで15%減り、4g摂ることで25%減るとの統計です。 このことから、お魚の脂がかなり体にいいことの証明になります。 炎症を鎮める作用があること。 血液を固まりにくくする作用。 他の脂の代謝作用を強めること。 この三つの作用が心疾患の予防になるようです。 体の病気には炎症が関係していることがほとんど

続きを読む

いじわるばあさん?

待合室の本の仲間に「いじわるばあさん」が加わりました。 実は、サザエさんの原作者の長谷川町子さん原作の4コマ漫画。 週刊誌に連載されていたようです。 4コマ漫画なので、読み切りでスピード感もあります。 待合室でお待ちいただく間にお読みいただくには最適です。 でも… こんなばあさんは少なくなっていますね。 内容的には「いじわるばあさん」というよりも「いたずらばあさん」という感じです。 青島幸男さんが

続きを読む

明るいと?

おはようございます。 今日も有難うございます。 3月12日の火曜日の朝が始まっています。 それがいい感じです。 昨日は、あっという間に夜になった一日でした。 昨日とは違う、いつもの今日になっています。 いつもと言いながら、いつもとは少し違う朝。 始めましょう。 3月は思いが深まることが多くありますが、視線はみらいへ向けています。 明るくなっていますね。 涼しさの中に暖かさも感じます。 生きています

続きを読む