Category スポーツ

スポーツを愛する方へ!

私もスポーツを愛好しています。 身体を動かす喜びも知っています。 怪我で動けない辛さも経験しています。 スポーツをする喜びも知っています。 ウエイトトレーニングは、約三十年、続けています。 トレーニングは裏切らないことも知っています。 できることは、目標、精神状態、状況、環境、基礎体力、怪我や障害の状態により異なってきます。経験を生かし、状況に応じたアドバイスを行うことが可能です。 私は、スポーツ

続きを読む

足の裏?

足の裏の感覚を大切にしていますか? 常に地面と接しているのが足の裏です。 健康でもスポーツでも、足の裏の感覚は大事なんですね。 というか、普段から、足の裏の感覚を感じられていることが、健康にもスポーツにもプラスにつながりますね。 そこが大事なんです。 足の裏のどこに、自分の体重が乗っているのか? 足の指が動いているのか? 動かせているのか? 大切な要素です。 足の裏の感覚を意識してみてください。

続きを読む

スポーツのこともおまかせください!

整形外科の診療ではスポーツの怪我も対応しています。 スポーツ、トレーニング、運動のことは、おまかせください。 私自身は、ウエイトトレーニング歴は30年前後になります。 高校生のときから現在まで継続してウエイトトレーニングに取り組んできました。 トレーニングを通して、様々な経験を重ねてきました。 また、運動生理学や整形外科学の知識を反映させながらトレーニングを行ってきました。 コーチングの理論も学ん

続きを読む

腕が伸びる?

肩甲骨が、うまく、使えて、動かせるようになると腕が伸びてしまいます。 そのためには・・・ 肩甲骨が、うまく使える姿勢を保つことです。 ひとことで書くと・・・ 胸を張るということです。 背中を丸くしないということです。 胸を張ると、肩甲骨が自由に動かせます。 背中を丸めると肩甲骨は自由に動かせません。 ということで、肩甲骨が自由に動かせるためには、胸を張って、姿勢をよくすることです。 肩甲骨を効率よ

続きを読む

肩甲骨って?

肩甲骨って、不思議な骨です。 肩関節の土台の骨です。 肩の背中の方にある、薄い板のような骨です。 固定されていなく、胸郭の後ろに沿って廻るように動く骨です。 言葉で説明をするとイメージがわきにくいかもしれません。 肩の動きですが、肩関節の動きだけではないんです。 実は、肩甲骨自体も動くのです。 腕は肩で動いているだけではなく、肩甲骨自体も動かして動いているのです。 だから、腕は、複雑な細かい動きが

続きを読む

運動で大切にしたいことは?

効果につながる運動の三要素は… 運動、食事、休養、です。 実は、これよりも、もっと大切なものがあります。 素質的要素と… 最も大切なことは、マインドの使い方です。 マインドというか、目的の明確化と強い意識づけですね。 何を目的にするのか? 何のために、運動をするのか? それを明確にして、強い意識づけをすることです。 そこから、運動効果が生まれます。 まずは、始めること。 そして、続けることです。

続きを読む

腱板を強くしよう!

腱板という筋肉があります。 肩の関節のまわりの、薄い筋肉です。 非常に薄い筋肉です。 いわゆる、普通に外から触れる肩の筋肉は三角筋という筋肉です。 アウターマッスルとよばれることもあります。 腱板は、インナーマッスルと言われます。 この腱板の機能は、上腕骨の骨頭を関節に引き寄せて、上腕の力を出しやすくしているものです。 この薄い筋肉が使えるようになって、強くなると、肩が機能的に使えるようになります

続きを読む

筋肉は?

筋肉は素直なパーツです。 筋肉は環境に適応する性質があります。 筋肉の環境を厳しい状況にすると適応力していきます。 それが、トレーニングです。 また、生活である場合もあります。 厳しい環境に置くこと。 筋肉だけではないのが、人間です。 人間は環境に適応する生き物です。 ちょっと厳しい環境に置くと、適応していきます。 いきなり厳しい環境に置くと壊れすぎてしまいます。 適度に厳しい環境に置くことが、人

続きを読む

肩の動きのために?

肩には運動が大事です。 肩甲骨の動きと腱板の強さが、ポイントになります。 身体の軸と重心のとり方もポイントになります。 ①まずは、しっかりと立てること。 このことは、足の裏に、しっかりと体重が乗っていることがポイントです。しっかりと軸を意識して立つことが、しっかりと立つことにつながりますね。足の裏に体重が感じられるように立つということです。 ②重心がバランスのよいところにあること。 この重心をバラ

続きを読む

トレーニングを行う上で・・・

トレーニングを行う上で大切なことがあります。 まず、何のためにトレーニングをするのか? 健康のためなのか? パフォーマンスの向上のためなのか? 何が目的か明確化すること。 これは、とても大切なことです。 常に何のためにトレーニングをするのかを意識すること。 これが、結果につなげるトレーニングの一番の秘訣です。 次に、トレーニング中は意識を抜かないということ。 これが大事ですね。 最後に、やり切るこ

続きを読む